• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 建築 > 建築関連 > 空き家等対策 > 危険空家解体工事補助事業

ここから本文です。

更新日:2017年5月15日

危険空家解体工事補助事業

お知らせ(5月15日更新)

平成29年度の受付を開始しました。

市民の安全や良好な生活環境の確保を図るため、危険空家の解体費の一部を補助します。

空家の解体をお考えの方は、建築指導課にお問い合わせください。

事前協議

補助申請には、必ず事前協議が必要です。

現況のわかる写真を持参して建築指導課までお越しください。

(注)
当該補助事業につきまして、鹿児島銀行、南日本銀行及び鹿児島信用金庫と提供協力することとなりましたので、ローンの活用をお考えの方は、こちらまでお問い合わせください。

  1. 鹿児島銀行営業統括部営業統括グループ
    TEL:099-239-9719
    「かぎん空き家対策支援ローン」取り扱い開始について(PDF:168KB)
  2. 南日本銀行営業統括部
    TEL:099-226-1126
    鹿児島市との「空家対策事業の推進に関する覚書」締結について(PDF:130KB)
  3. 鹿児島信用金庫業務統括部地方創生・活性化担当
    TEL:099-224-8411
    鹿児島市との空家対策事業の推進に関する覚書締結について(外部サイトへリンク)

補助の内容

  • 解体費の3分の1(限度額30万円

補助の概要は、リーフレット(PDF:1,360KB)をご覧ください。

補助の対象者

  • 空家の所有者又は相続人
  • 空家の敷地の所有者(空家の所有者から同意を得た者)

市税を滞納していないこと

補助の対象となる空家

以下のすべての要件を満たすこと

  • 老朽化が著しい空家で、次のいずれかに該当するもの

道路に接していないなど、利活用の進みにくい敷地に建つもの

傾いているなど、周囲に被害を与える危険性が著しく高いもの

  • 人が居住していないこと
  • 用途は、住宅、店舗付住宅、長屋などで、延べ面積の過半が居住の用途であるもの

構造の制限はありません

補助の対象とならないもの

  • 空家の一部解体
  • 塀や門扉、樹木の撤去
  • 浄化槽などの地下埋設物や家財道具の撤去など

解体工事に着手する前に必要な手続き(窓口:建築指導課)

添付書類として、案内図、設計図又は写真、工程表が必要です。

注意事項

申請の流れ

申請の流れ

様式

補助申請

補助金等交付申請書

(注)空家の所在地には、住居表示ではなく、地番を記入してください。

確約書

事業計画書

市税の納付状況及び所有者等の確認に関する同意書

補助申請には、見積書、付近見取図、配置図、外観写真、登記簿謄本(3カ月)なども必要です。

建物が未登記の場合は、公課証明書を添付してください。公課証明書の手数料等については、市証明の種類及び証明手数料一覧をご覧ください。

実績報告

補助事業等実績報告書

補助金等交付請求書

実績報告には、工事中及び解体後の写真、契約書の写し、領収書の写し、マニフェスト、通帳の写しも必要です。

また、除却届及びリサイクル届の写しをご提出ください。

その他の手続き

下記の手続きに必要な様式については、鹿児島県庁のホームページよりダウンロードして下さい。

添付書類として、案内図、設計図又は写真、工程表が必要です。

関係条例

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設局建築部建築指導課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1357

ファクス:099-216-1389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?