• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 文化・スポーツ > 文化・スポーツ関連施設 > 文化・教育施設 > 少年自然の家 > ジュニア創志塾卒塾生からのメッセージ(7月掲載分)

ここから本文です。

更新日:2020年1月7日

ジュニア創志塾卒塾生からのメッセージ(7月掲載分)

このページは、かごしま創志塾、ジュニア創志塾の現塾生、卒塾生相互のネットワークづくり、学び合い・高め合いなどを目的として、卒塾生からのメッセージを掲載します。

【ジュニア創志塾第1期生】末永明聖

ジュニア創志塾生の皆さん、様々な活動を楽しんだり、学んだりしていますか。私はジュニア創志塾に参加したことで、コミュニケーション能力を学んだり、学習に対する意欲を高めたりすることができました。一年間とてもよい体験をすることができました。私が最も印象深かったプログラムは、ピーターフランクルさんの特別講演です。いろいろな顔を持つフランクルさんの話は、とても勉強になりました。中でも「keepyourheartopen」という言葉が強く心に残っています。この言葉は、心を開いていろいろな人や文化を理解し、受け入れるという意味です。

、私は勉強に力を入れています。このジュニア創志塾で経験したことを生かして、英検準2級に挑戦したり、数学に取り組んだりしています。創志塾生の皆さんも、まずは周りにいる人たちと仲間になり、様々なことにチャレンジしていってください。

【ジュニア創志塾第1期生】瀬戸口蔵ノ介

ぼくがジュニア創志塾に入ろうと思ったきっかけは、5年生のときの担任の先生がプリントを配ったときに、「ふだん会えないような先生達の話を聞けるよ。」と言われたので、面白そうだなと思い、応募してみました。

初めて行ったときはきんちょうしましたが、すぐに友達もできてとても楽しかったです。キャンプやいろいろな活動がありました。中でも一番強く印象に残っているのは、柳田理科雄先生の「アニメや漫画の出来事が本当にあったらどうなるか」ということについて科学的な実験をとおして学んだことです。学校ではできないような実験だったのでとてもびっくりしました。

今、ぼくは中学生になって部活をがんばっています。もし迷っている人がいたら、仲間もできるし、いい体験ができるので、ぜひ参加してみることをおすすめします。

【ジュニア創志塾第1期生】山口菜々

には、今がんばっていることがあります。それは部活と勉強です。中学生になり卓球部に入部しました。授業が終わって部活に行き、下校時間が遅くなります。その後に宿題や予習をすると、とても疲れます。両立をすることはとても大変です。けれど私は早く学校に慣れて、どちらも頑張りたいと思っています。

昨年参加させていただいたジュニア創志塾では、仲間との協力、コミュニケーションをとる大切さについて学ぶことができました。ジュニア創志塾で得た経験を生かして、これからの学校生活に役立てていきたいと思います。

これから創志塾で学ぶ皆さん、まずは勇気を出して声をかけてみましょう。その勇気でもっと楽しく皆と過ごせると思います。

よくある質問

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部少年自然の家

〒892-0871 鹿児島市吉野町11078-4

電話番号:099-244-0333

ファクス:099-244-0334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?