• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 文化・スポーツ > 文化・スポーツ関連施設 > 文化・教育施設 > 少年自然の家 > ジュニア創志塾卒塾生からのメッセージ(1月掲載分)

ここから本文です。

更新日:2020年1月10日

ジュニア創志塾卒塾生からのメッセージ(1月掲載分)

このページは、かごしま創志塾、ジュニア創志塾の現塾生、卒塾生相互のネットワークづくり、学び合い・高め合いなどを目的として、卒塾生からのメッセージを掲載します。

【ジュニア創志塾1期生】角ノ上

 

はこのジュニア創志塾に参加したことで自分に自信が持てるようになりました。自分の中ではコミュニケーションのとり方について学べたことが一番大きかったです。私は人見知りで時間をかけないとなかなか友達をつくれない性格でした。しかし、学んだおかげで「周りの友達のことを知ろう」と前向きになることができました。他にもリーダーとしての在り方など様々な活動を通して学習できることに楽しさを感じました。
は今、学級の総務を務めていて、ジュニア創志塾で学んだことを生かせるチャンスだと思って頑張っています。これからジュニア創志塾で学ぶ皆さん、ぜひたくさん仲間を作って楽しみながら学んでください。

【ジュニア創志塾1期生】上唐湊

 

は去年、ジュニア創志塾第1期生としていろいろな活動に参加し、鹿児島の自然や歴史、環境について学ぶことができました。印象に残っている講師の先生は柳田理科雄先生です。先生の「とりあえず一歩をふみ出し、チャレンジしてみよう」という言葉が心に残っています。何かに初めて挑戦する時は、この言葉を思い出して頑張っています。また、友達もたくさん作ることができました。私が1番影響を受けたことは、夢や志を高くもち、そのためにチャレンジする仲間たちの姿勢です。夢を持っているみんなと違い、ジュニア創志塾に入る前の私は、まだ自分の夢を見つけることができずにいましたが、みんなと一緒に活動して、自分の夢を考えることができました。また、ジュニア創志塾に参加して本当に良かったと思っています。みなさんもジュニア創志塾に参加してみませんか。

【ジュニア創志塾1期生】金沢

志塾では、とても有意義な時間を過ごせたと思います。日常では体験できないことや新しい体験をたくさん挑戦させてもらいました。例えば、第1ステージでのグループチャレンジゲームです。グループの人たちと協力して自分の役割を果たせたことは大きな自信につながりました。ほかにも、柳田理科雄先生の講話で、ドライアイスを使って結晶を使い真夏に雪をつくる体験は、とてもいい思い出となりました。また、宿泊した夕方は創志塾を卒業された先輩方も来られ、いろいろ話したり、一緒に花火も見たりといい経験ができました。
学生となった今、創志塾でお世話になった方々を思い出しながら、まだやったことのないことにチャレンジしたり、まだ行ったことのない場所に行ったりしています。この挑戦をこれからも続けたいです。

【ジュニア創志塾1期生】岩山

は、クラスをまとめられる人になりたいと思っていた時にジュニア創志塾を知り、絶対に参加したいと強い気持ちで応募しました。同じような考えの友達の集まりで、すぐ仲良くなり、いろいろな話をすることで、毎回がすごく刺激的で楽しかったです。東川先生の鹿児島の歴史巡りは、面白い話や知らない話を聞けて、今の僕の社会大好きにつながりました。英語を頑張ろうと思ったきっかけも、創志塾で「広い世界に目を向けることが大切であると学んだからです。たくさんのことに挑戦したい、と思えるようになるのがこの創志塾です。迷っているなら参加して、自分を変えるきっかけにしてください。本当に楽しく学べる創志塾です。

よくある質問

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部少年自然の家

〒892-0871 鹿児島市吉野町11078-4

電話番号:099-244-0333

ファクス:099-244-0334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?