• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > ごみ > 家庭のごみ出しカレンダー、ごみの出し方 > ごみの分け方 > 電球・蛍光灯/乾電池/スプレー缶類(資源物)

ここから本文です。

更新日:2018年8月8日

電球・蛍光灯/乾電池/スプレー缶類(資源物)

  • 「電球・蛍光灯」「乾電池」「スプレー缶類」は、別々の透明ごみ袋に入れて出してください。(ごみ袋の容量は45リットルまで)

(レジ袋は無色透明であれば、ごみ袋として使用できます。)

  • 古紙類とは別の収集車が収集します。市が借り上げた民間業者(赤帽鹿児島県軽自動車運送協同組合)の軽トラックで、車体には写真のようなステッカーを貼っています。赤帽車両ステッカー写真
  • 必ず朝8時までに出してください。

(注)乾電池、電球・蛍光灯、スプレー缶類の出し方について、映像でもご覧になれます。

電球・蛍光灯

注意すること

  • 出すときに、箱に入れたり、ガムテープで留めたりせず、そのまま透明ごみ袋に入れてください。
  • 電球や蛍光管がついていた照明器具のうち、金属部分は「金属類」、プラスチックの部分は「もやせるごみ」に出してください。

「電球・蛍光灯」の主な種類

電球・蛍光灯

電球、直管蛍光管、丸型蛍光管

乾電池

注意すること

  • ボタン電池や充電式電池、携帯電話のバッテリーは、電気店や販売店にお持ちください。

【持ち込み先】

「乾電池」の主な種類

電池(マンガン乾電池、アルカリ乾電池、9V乾電池)

マンガン乾電池、アルカリ乾電池、9V乾電池

スプレー缶類

注意すること

  • スプレー缶やカセットボンベは中身のガスを完全に使い切ってから、透明ごみ袋に入れて出してください。
  • 危険ですので、穴を空ける必要はありません。
    中身のガスが残っていると、「シャカシャカ」という音がします。

お願いします!(スプレー缶、カセットボンベを出す場合)

  • スプレー缶類の分別まちがいにより、ごみ収集車両の火災事故や埋立処分場での発火・爆発が発生することがあります!
  • 事故防止と資源化のため、必ず中身を完全に使い切って「スプレー缶類」の収集日に出してください。

「スプレー缶類」の主な種類

スプレー缶類(カセットボンベ、ヘアスプレーや殺虫剤などのスプレー缶など)

スプレー缶類(カセットボンベ、ヘアスプレーや殺虫剤などのスプレー缶など)

お問い合わせ

環境局資源循環部資源政策課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1290

ファクス:099-216-1292

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?