• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > ごみ > ごみの減量・リサイクル > 生ごみの水切りにチャレンジしよう

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

生ごみの水切りにチャレンジしよう

鹿児島市のご家庭から出される“もやせるごみ”のうち、約4割が「生ごみ」です。

さらにそのうちの大部分は水分だといわれています。

水分が多いと・・・

  • 悪臭が発生しやすくなります。
  • 焼却に時間がかかるので、CO2の排出量が増えます。
  • ごみ袋が重くなる分、収集作業に手間取り、収集車の運搬効率が悪くなります。

⇒これらを解消するために、水切りにチャレンジしませんか?

水切りのポイント

(1)水に濡らさない

野菜くずなどの水分が少ないごみは、はじめから別に小分けするなどして、水に濡らさないようにしましょう。

(2)カラカラに乾かす

コーヒーや緑茶のパックなど、水分の多いものは乾燥させてから捨てるようにしましょう。

(3)ぎゅっとしぼる

不要となったCDやペットボトルの飲み口を使うと、手を汚さずにしぼれます。

生ごみ処理機器設置費補助制度もあります

ご家庭から出る生ごみを減らすため、生ごみ処理機器を購入設置した方に、補助金を交付しています。

対象

鹿児島市に住所があり、生ごみ処理機器を家庭で使用する方(市税の滞納がないこと)

補助金額

電気式生ごみ処理機:1基につき購入金額(消費税含む)の2分の1(補助上限額30,000円

その他の生ごみ処理器:1基につき購入金額(消費税含む)の2分の1(補助上限額3,000円

(注)詳しくは、生ごみ処理機器の設置補助金制度のページをご覧ください。

(注)領収書など必要書類が揃えば、インターネットでの購入も対象となります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境局資源循環部資源政策課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1290

ファクス:099-216-1292

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?