ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

からいもんねったぼ

餅(もち)と芋(いも)でボリュームたっぷりおやつ

からいもんねったぼ画像

材料

  • サツマイモ 600g
  • もち 400g
  • きな粉 50g
  • 砂糖 50g
  • 塩 少々

作り方

1.サツマイモは皮をむき、乱切りにして水にさらし、あく抜きした後、約15分蒸す。

乱切り画像

2.(1)の上にもちを載せて、もちが軟らかくなるまで蒸す。

3.(2)をすり鉢に移し、すりこぎでつく。

すりばち画像

4.きな粉に砂糖、塩を混ぜておく。

5.適度な大きさに丸めて4のきな粉をまぶす。

ポイント

さつまいもはイモ類の中で、ビタミンCを一番多く含みます。しかもその中のビタミンCはでんぷんに包まれているので加熱してもこわれにくく90%も残ります。

歴史

「からいもんねったぼ」は年末のもちつきの時に、蒸したさつまいもと一緒につき混ぜ、丸めてきな粉をまぶしたり、あずきあんをかけたりしてお茶うけとして食べていました。地域によっては「からいももち」「ひっきゃげ」「としかさ」とも呼ばれています。

お問い合わせ

健康福祉局すこやか長寿部健康総務課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1239

ファクス:099-216-1242

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?