ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

あくまき

端午の節句_伝統菓子

あくまき画像

材料(12本分)

  • もち米 9カップ
  • 灰汁(あく)7カップ(湯 9カップ、木炭 500g)
  • 孟宗竹の皮 13枚(※内1枚はひも状に裂いておく)
  • きな粉 50g
  • 砂糖 50g
  • 塩 少々

作り方

  1. ボウル、または鍋の上部に合うザルをのせ、さらし木綿を数枚張り、灰を入れ、湯を灰の上から少しづつ注ぎ、ろ過させて灰汁をとる。
  2. もち米は洗って、2倍に薄めた(1)の灰汁に一晩つけておき、ザルに取り上げて水気を切る。
  3. 竹の皮は一晩水に漬けてから、縦に3分の1ずつ打ち合わせて折り、さらに片方を横に折り、その袋になったところに、(2)の米1カップをゆるく詰め、口の方を折る。ひも状にさいた竹の皮で3カ所くらい結ぶ。
  4. (3)のあくまきを大釜または大鍋に入れ、水11リットルと灰汁3カップを加え、ふたをして強火で3時間以上煮る。途中、水気がなくなったら水をつぎ足し、弾力がついてきて、米粒がつやのある琥珀(こはく)色になったらできあがり。

由来

「あくまき」は男の子の端午の節句を祝うための鹿児島の伝統菓子です。島津義弘公が関ヶ原の戦い(1600年)に持参した薩摩兵児の兵糧であったという説や、農家の田植期の保存食という説もあります。

ポイント

食べる時は竹の皮をはがし、糸や竹の皮を細かくさいたもので2~3cm厚さの輪切りにする。そしてきな粉、砂糖、塩を混ぜたものをまぶしていただきます。

お問い合わせ

健康福祉局保健所保健政策課健康づくり係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-6861

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?