ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

地鶏の煮付け

”歩く野菜_地鶏”

地鶏の煮付け

材料(4人分)

  • 地鶏(骨付きぶつ切り)400g
  • 大根 250g
  • ニンジン 150g
  • ゴボウ 120g
  • 里芋 200g
  • コンニャク 80g
  • 生揚げ 120g
  • キヌサヤ(飾り用)4枚
  • 砂糖 大さじ3弱
  • みりん 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • 薄口しょうゆ 大さじ4

作り方

  1. 大根、ニンジン、ゴボウ、里芋は一口大の乱切りにする。ゴボウは酢水に漬け、コンニャクは塩もみ(分量外)し、沸騰したお湯にさっと入れ臭みを取り、一口大に切る。
  2. 生揚げは、沸騰した湯に入れて油抜きした後、2cm大の角切りにする。
  3. キヌサヤはスジを取り、沸騰した湯に塩(分量外)を入れ、さっとゆがき、冷水にとる。
  4. 鍋でコンニャク以外の材料と地鶏をひたひたの水で煮ていき、最後にコンニャクと(2)の生揚げを入れて煮る。
  5. 大根が煮えてきたら、砂糖を入れ少し煮て、残りの調味料を加え、味を調える。
  6. 器に盛り、半分に切ったキヌサヤを添える。

地鶏

昔は家の裏庭などで籠に入れることもなく、放し飼いで飼われ、来客やお祝いの時につぶし食べられてきました。刺身にしたり煮たり、ガラでだしをとったり余すところなく食べられてきました。

お問い合わせ

健康福祉局すこやか長寿部健康総務課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1239

ファクス:099-216-1242

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?