ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

さつますもじ

桃の節句のごちそう

さつますもじ

材料(4人分)

  • 米2カップ
  • 水 米の1.1倍
  • 酒 大さじ2
  • だし昆布 5cm角
  • 切干大根 15g
  • 干しシイタケ 3枚
  • タケノコ 70g
  • ニンジン 50g
  • A(だし汁 2分の1カップ、砂糖 大さじ1、薄口しょうゆ 大さじ2・2分の1)
  • さつまあげ 50g
  • かまぼこ 50g
  • キヌサヤ 適宜
  • 錦糸卵用 卵 1個、砂糖 小さじ2分の1、塩 少々、油 少々
  • 合わせ酢(酢 65cc、砂糖 大さじ2。塩 大さじ2分の1)
  • 刻みのり 適宜

作り方

  1. 米は洗ってざるに上げ、固めに炊き、桶にとり合わせ酢をふりかけて、切るように混ぜて冷ます。
  2. 乾しいたけ、きくらげはもどして、つけ汁をひたひたに加え、水煮してAを加えて煮つめ、せん切りにする。
  3. 干しだいこんはぬるま湯でもどし、ごぼうはささがきにして水につけ、アク抜きする。
  4. 干しだいこん、にんじん、たけのこは1cm角の薄切りにする。
  5. ひたひたのだし汁でごぼうを煮て、たけのこ、にんじん、干しだいこんを加えて、Bで薄めの味つけをする。
  6. さつまあげ、かまぼこは1cmの短冊の薄切りにして、地酒を加えてさっと火を通す。
  7. 薄焼き卵は4cmの長さの錦糸卵にする。
  8. さやえんどうは青く茄でてせん切り、紅しょうがもせん切りにする。
  9. すし飯に具を混ぜて地酒を振り、よく混ぜる。
  10. (9)を器に盛り、錦糸卵、さやえんどう、紅しょうが、木の芽を色どりよく飾る。

由来

「すもじ」とは、古い宮中の女房言葉で、ちらしずしのことを表します。手に入りやすい旬の食材やさつまあげ、かまぼこを用いるなど、鹿児島では混ぜずしとして親しまれてきました。

ひな祭りや春先の祝い事に欠かせない季節を感じることのできる一品です。

お問い合わせ

健康福祉局保健所保健政策課健康づくり係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-6861

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?