ここから本文です。

更新日:2020年8月28日

燃料電池自動車とは

燃料電池自動車の仕組み

水素と酸素の化学反応によって発電した電気でモーターを回転させて走行する。

  • 走行中、CO2を全く排出しません。
  • ガソリン車と比べ、走行時の騒音・振動が少ないです。
  • 1回の燃料供給で、ガソリン車並みの長距離走行ができます(航続距離は600km以上)。
  • 水素ステーションで燃料となる水素を補給します。水素の充てん時間は3分程度です。

FCV画像

出典:一般社団法人水素供給利用技術協会

水素とは?

  • 空気より軽く、拡散が速い気体で、ガソリンや都市ガス、LPガスと同様に、正しく管理すれば安全なエネルギーです。
  • 燃焼すると空気中の酸素と結合して水になります。地球温暖化に影響するCO2は排出されず、化石燃料(石油や石炭など)に代わるエネルギー源として期待されています。

水素ステーションとは?

燃料電池自動車の燃料となる水素の充填を行います。ガソリン車で例えると、ガソリンスタンドにあたります。

水素を燃料電池自動車に供給するための充填機、水素を蓄えておくタンク、水素の圧力を高める圧縮機などから構成されており、様々な安全対策が施されています。

鹿児島市にも、令和2年4月、新栄町に県内初となる水素ステーションがオープンしました。

Kagoshima-768×310

日本水素ステーションネットワーク合同会社HPより

燃料電池自動車の普及の意義

  • 地球温暖化対策としての水素

水素は、利用段階ではCO2を排出しないことから、地球温暖化対策に有用なエネルギーといえます。

水素の製造方法によってCO2排出量は異なりますが、再生可能エネルギーを利用して水素を製造した場合、ガソリン車と比べてCO2排出量を大きく削減することができます。

  • 災害時等の非常時対応

燃料電池自動車は、水素と酸素との化学反応により発電して走行する自動車です。

災害等の停電時には、燃料電池自動車を非常用電源として活用することもでき、1日に10kWhの電気を消費する一般家庭の場合、約6日分の電気を供給することができるといわれています。

公用車への導入

鹿児島市は、水素エネルギーの普及促進に向け、令和2年2月に、公用車として燃料電池自動車(トヨタMIRAI)を一台導入しました。

市における環境学習等の拠点施設である、かごしま環境未来館に配置されています。

fcv3

よくある質問

お問い合わせ

環境局環境部再生可能エネルギー推進課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1479

ファクス:099-216-1292

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?