• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉 > 障害福祉 > その他障害者福祉関連情報 > かごしま市チャレンジド大賞表彰式

ここから本文です。

更新日:2020年12月4日

かごしま市チャレンジド大賞表彰式

事業概要

かごしま市チャレンジド大賞は、障害者福祉についての関心と理解を一層深めるため、社会貢献、産業就労、文化・スポーツの分野で活躍し、輝いている障害者個人や団体、また、障害のある方々を積極的に支援している個人や団体を、障害者週間(12月3日~9日)にあわせて表彰するものです。

【社会貢献部門】

障害のある人で、社会活動等を行い、地域社会への貢献が顕著なもの

【産業就労部門】

就職している障害のある人で、その障害を克服し、模範的な職業人として業績を上げたもの

【文化・スポーツ部門】

障害のある人で、文化活動又はスポーツ活動を行い、顕著な功績を残したもの

【サポート部門】

障害のある人や障害のある児童に対する支援を率先して行っている個人又はボランティア団体、学校、企業その他団体であって、引き続き活動を行い、その活動が他の模範となるもの

令和2年度受賞者

令和2年度は4名1団体が受賞され、12月1日に表彰式を行いました。

チャレンジド大賞表彰者2020

【社会貢献部門】村山みどり様

「盲ろう」という二重の障害がありながらも、「籠作り」や「触手話」の指導者として活躍している。

【産業就労部門】和田直哉様

進行性の難病に罹患し、重度の障害がありながらも、4年前に就職し、リモートワークにてホームページの作成等を行っている。

【文化・スポーツ部門】ナンチェスターユナイテッド鹿児島様

電動車椅子サッカーチーム。全国大会で連続優勝するほか、日本代表選手を輩出。競技の普及活動にも力を入れている。

【サポート部門】泉谷光紀様

知的障害者サッカーの指導者。日本代表コーチや鹿児島ユナイテッドエフシーフューチャーズ監督等として、育成・強化に尽力している。

【サポート部門】中間初子様

難病等の小児患者や家族が持つ様々な問題を少しでも軽減できるよう、患者会を設立し、尽力している。

 

受賞者の紹介・活動の様子(外部サイトへリンク)

 

令和元年度受賞者

令和元年度は6名が受賞され、12月5日に表彰式を行いました。

チャレンジド大賞表彰者2019

【社会貢献部門】満尾祥一様

鹿児島市聴覚障害者協会の会長及び役員として、20年以上、障害者支援の様々な事業・イベント等に携わる。手話講座の講師または裏方としても尽力し、障害者の社会参加や理解促進に大きく貢献している。

【産業就労部門】木原智恵美様

神之川温泉(就労継続支援A型)に10年間勤務し、主に受付・案内等の接客を担当している。温度管理や脱衣所の清掃など多岐にわたる業務もこなし、辛抱強く勤務を継続する模範的な存在となっている。

【産業就労部門】岩下裕之様

神之川温泉(就労継続支援A型)に9年間勤務し、主に受付・案内等の接客を担当している。地域の清掃なども積極的に行うなど、リーダー的な業務をこなし、模範的な存在となっている。

【産業就労部門】古田真佐美様

神之川温泉(就労継続支援A型)に5年間勤務し、主に受付・案内等の接客を担当している。温度管理や脱衣所の清掃など多岐にわたる業務もこなし、明るい笑顔で勤務を継続する模範的な存在となっている。

【文化・スポーツ部門】益山知子様

40年以上、箏曲(そうきょく)を演奏し、生田流箏曲の大師範として県を代表する箏曲家である。全国視覚障害者邦楽演奏会など様々なイベントや学校等で、演奏活動や講演活動を実施している。

【サポート部門】脇元祥様

3歳から日本舞踊をはじめ、幼少期から20年以上、福祉施設等への慰問活動を継続的に実施している。鹿児島市身体障害者福祉協会の慰問団にも設立当初から参加し、障害者の生きがいづくりや社会参加の促進に貢献している。

 

受賞者の紹介・活動の様子(外部サイトへリンク)

 

よくある質問

お問い合わせ

健康福祉局福祉部障害福祉課 ゆうあい係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1272

ファクス:099-216-1274

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?