• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 建築 > 建築関連 > 重要事項説明関係

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

重要事項説明関係

宅地建物取引業法に基づく重要事項説明において、建築指導課にお問合せの多い内容についてまとめていますので、参考にして下さい。

用途地域等の確認

都市計画法などで定める用途地域等(用途地域、指定建ぺい率、指定容積率など)の確認については、かごしまiマップ(外部サイトへリンク)の「都市計画マップ」でご確認ください。

  • 詳細な範囲や制限の内容につきましては、各担当課でご確認ください。
  • 吉田、喜入、松元の一部地域には特定用途制限地域が指定されています。詳細については「特定用途制限地域内の建築制限等」をご覧ください。

建築基準法道路種別の確認

建築基準法の道路種別については、かごしまiマップ(外部サイトへリンク)の「生活情報マップ」でご確認ください。

  • 道路種別等に関するお問合わせは、位置を正確に特定するため、原則、窓口にてお願いします。
  • iマップでは鹿児島市道の建築基準法道路種別は表示されません。幅員が4メートル以上の場合は法第42条第1項第一号道路です。4メートルに満たない場合は、建築指導課までお問合せください。
  • 法外道路は、建築基準法第43条認定・許可を受けて建築できるものと、接道として認められず建築できないものがありますので、建築指導課までお問合せください。

建築物の高さ制限

建築基準法による建築物の高さ制限

用途地域 道路斜線制限 隣地斜線制限 北側斜線制限 絶対高さの制限 日影による制限
(法第56条第1項第一号) (法第56条第1項第二号) (法第56条第1項第三号) (法第55条) (法第56条の2)
第一種低層住居専用地域 1.25L 5m+1.25L 10m あり
第二種低層住居専用地域
第一種中高層住居専用地域 20m+1.25L
第二種中高層住居専用地域
第一種住居地域
第二種住居地域
準住居地域
近隣商業地域 1.5L 31m+2.5L
商業地域
準工業地域
工業地域
工業専用地域
用途地域の指定のない区域
  • L:境界線からの距離(緩和等の詳細については、建築基準法をご確認ください。)
  • 表は建築基準法による建築物の高さ制限であり、市街化調整区域や地区計画等であれば、別途制限がかかる可能性があります。詳細につきましては、各担当課でご確認ください。

 

日影による中高層の建築物の制限

対象となる地域 制限を受ける建築物
(いずれかに該当するもの)
規制される日影時間 測定水平面
5mライン 10mライン
第一種低層住居専用地域
第二種低層住居専用地域
軒の高さが7メートルを超える建築物
地階を除く階数が3以上の建築物
4時間 2.5時間 1.5m
第一種中高層住居専用地域
第二種中高層住居専用地域
高さが10メートルを超える建築物 4時間 2.5時間 4m
第一種住居地域
第二種住居地域
準住居地域
高さが10メートルを超える建築物 5時間 3時間 4m
  • 日影規制の対象とならない地域であっても、高さが10メートルを超える建築物で、冬至日に対象区域内に日影を生じさせる場合は、日影規制の対象となります。(建築基準法第56条の2第4項)

 

壁面線の制限・敷地面積の最低限度・外壁後退

「地区計画」「風致地区」「市街化調整区域」「建築協定」の一部の地区で指定しております。

かごしまiマップの都市計画マップで確認の上、担当課にお問合せください。

 

壁面線の制限・敷地面積の最低限度・外壁後退
壁面線の制限 敷地面積の最低限度 外壁後退 問合せ先
地区計画 一部有 一部有 一部有 都市計画課
風致地区 都市計画課
市街化調整区域 一部有 土地利用調整課
建築協定 ー(注) 建築指導課

(注)建築協定において、敷地面積の最低限度は定められていませんが、敷地の細分割はできません。

建築協定

伊敷台一丁目の一部の地区で建築協定「伊敷ニュータウンノースリバーヒルズ」が締結されております。詳細につきましては、建築指導課にお問合せください。

道路幅員による容積率

用途地域により定めるもののほか、前面道路の幅員が12メートル未満である建築物の容積率は、当該前面道路の幅員のメートルの数値に下表の数値を乗じたもの以下となります。(建築基準法第52条第2項)

道路幅員による容積率
第一種低層住居専用地域・第二種低層住居専用地域
第一種中高層住居専用地域・第二種中高層住居専用地域
第一種住居地域・第二種住居地域・準住居地域
4/10
近隣商業地域・商業地域・準工業地域
工業地域・工業専用地域・用途地域の指定のない区域
6/10

建ぺい率の緩和(角地緩和)

建築基準法第53条第3項第二号に規定される建ぺい率の緩和については、鹿児島市では以下のいずれかに該当する敷地が対象となります。

  1. 敷地境界線の全長の3分の1以上が道路、公園、広場、水面その他これらに類するものに接する敷地
  2. 敷地境界線の全長の6分の1以上が幅員12メートル以上の道路に接する敷地
  3. 敷地境界線の全長の6分の1以上が道路に接し、かつ、その道路を隔てて公園、広場、水面その他これらに類するものがあり、その道路及びこれらの幅員の合計が12メートル以上である敷地

土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)

土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)においては、建築物の構造規制等が行われます。

がけ規制

高さが2メートルを超えるがけに近接する建築の制限や土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)内のがけ規制等、がけ規制に関する事項は「鹿児島市建築基準法がけ規制の手引き」にまとめていますので、ご覧ください。

協議先一覧

建築基準法以外の法令に基づく制限については、「協議先一覧」の各担当窓口へお問合せください。

 

 



よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設局建築部建築指導課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1359

ファクス:099-216-1389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?