緊急情報

現在、情報はありません。

閉じる

更新日:2021年12月1日

ここから本文です。

償却資産の申告

申告方法

償却資産は土地・家屋のように登記簿に相当するものがないため、毎年申告が義務づけられています。

個人や法人で鹿児島市内に償却資産(土地、家屋以外の事業用資産)を所有されている方は、地方税法第383条の規定により、毎年1月1日現在で所有している資産について1月31日(休日の場合は次の平日)までに申告する必要があります。申告期限までに申告書を提出してください。

また、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」第16条の規定に基づき、申告書の提出時に「個人番号の確認・本人確認」をします。(法人番号については番号法に基づく本人確認等はありません。)

なお、マイナンバー(個人番号、法人番号)の記入のない申告書も有効なものとして受理します。

償却資産申告の手引き

申告する内容

1月1日(賦課期日)現在所有している償却資産について、その名称、種類、数量、取得年月、取得価額、その他価格の決定に必要な事項などを申告してください。なお、自社電算により課税標準額まで算出された申告書(電算申告書)も受け付けています。

課税標準の特例を受ける償却資産

地方税法または地方税法附則に規定する一定の要件を備えた償却資産は、課税標準の特例が適用され固定資産税(償却資産)が軽減されます。

詳しくは「償却資産(固定資産税)に係る課税標準の特例」をご覧ください。

申告期限

令和4年1月31日(月曜日)

新型コロナウイルス感染症対策のため、可能な限り郵送またeLTAXでの申告にご協力ください。

また、郵送の際は宛名ラベル(PDF:408KB)もご利用ください。

罰則

虚偽申告については1年以下の懲役または50万円以下の罰金が(法385条)、また、未申告についても正当な事由がない場合には10万円以下の過料が処せられることがあります。

申告漏れがあった場合

過年度にさかのぼって課税されることがありますので、ご注意ください。

電子申告の利用

地方税ポータルシステム(eLTAX)による電子申告も受け付けています。

申告についての注意

最新の「減価償却費計算書」の写しを添付してください。
解散、廃業、休業、移転等の場合や事業用の資産を所有していない場合も申告書を提出してください。

申告期限間近になりますと窓口が大変混雑しますので、なるべく1月14日頃までに申告してくださいますようご協力をお願いします。

申告先・問い合わせ先

資産税課償却資産係(本庁別館2階3番窓口)
住所:〒892-8677鹿児島市山下町11番1号
電話:099-216-1187
谷山税務課家屋係(谷山支所2階4番窓口)
住所:〒891-0194鹿児島市谷山中央4丁目4927番地
電話:099-269-8423

上記以外の各支所では申告書の受付のみ行います。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務局税務部資産税課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1187

ファクス:099-216-1168

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?