• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉 > 生活衛生・食品衛生 > 食品衛生 > 食中毒情報 > 食中毒を防ごう!お弁当づくりの知恵

ここから本文です。

更新日:2019年7月3日

食中毒を防ごう!お弁当づくりの知恵

夏場は、高温多湿の環境で増殖する食中毒細菌による食中毒が起こりやすい時期です。適切な対策で、夏のお弁当づくりを安全にしましょう!

調理前

  • 丁寧な手洗いで「食中毒菌をつけない」ことを意識しましょう。
  • 調理器具やお弁当箱は洗浄後、熱湯や塩素系漂白剤などで消毒しましょう。

調理のポイント

  • 食品は中心部までしっかり火を通しましょう。
  • 前日に調理したおかずをお弁当に入れるときは、電子レンジなどで再加熱してからお弁当に詰めましょう。
  • おにぎりを握るときは、ラップで包むようにして握りましょう。

詰め合わせのポイント

  • お弁当に水分が多いと細菌が増える恐れがあります。おかずの汁気はよく切りましょう。
  • ごはんやおかずはしっかり冷ましてからフタをしましょう。

食べるまでのポイント

  • 保冷剤と保冷バッグを活用し、お弁当の温度管理を適切にしましょう。

食べるとき

  • 食べる前には、手をきれいに洗いましょう。

よくある質問

お問い合わせ

健康福祉局保健所生活衛生課 食品衛生係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-6885

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?