ここから本文です。

更新日:2016年4月14日

夏は食中毒にご用心

気温が高くなると、細菌による食中毒が発生しやすくなります。

以下のポイントに気を付けて、食中毒を予防しましょう。

付けない

調理の前、下ごしらえの後は必ず手を洗いましょう。調理器具は熱湯や塩素系漂白剤などで消毒しましょう。

増やさない

肉・魚・卵などは冷蔵庫で保存し、なるべく早く食べきりましょう。調理後、食品を常温で放置するのも危険です。

やっつける

熱調理する食品は十分に加熱しましょう(中心部が75度1分間以上)。

参考

食中毒予防のポイント(食品安全委員会)(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

健康福祉局保健所生活衛生課 食品衛生係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-6885

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?