ここから本文です。

更新日:2021年2月22日

火山防災スペシャリスト養成研修

火山防災の実務を担当する全国の自治体職員等が火山防災のイメージを掴むとともに、抱える課題の解決や防災対応に必要な知識習得を促進し、防災力の向上を図るため、火山防災トップシティ構想(平成31年3月策定)に基づき、本市が主体となって、60年以上にわたり日常的に噴火を繰り返す桜島の活動状況や火山防災対策等を紹介するものです。

令和2年度

京都大学防災研究所火山活動研究センター及び鹿児島地方気象台、鹿児島市危機管理課による講義を、オンラインで実施しました。(最終参加申込:65機関・団体95人)

次第・プログラム

日時:令和3年2月15日(月曜日)13時30分~15時30分

主催者あいさつ

講義(Web会議システム「Zoom」によるオンライン)

  • 火山活動と災害、噴火発生予測、行政に求められる防災対応~桜島の知見を通じて~

(京都大学防災研究所火山活動研究センター長 井口正人氏)

  • 気象庁の火山監視と火山防災情報

(鹿児島地方気象台火山防災官 小窪則夫氏)

  • 火山防災トップシティの推進~鹿児島市の降灰対策、タイムラインに沿った住民避難訓練~

(鹿児島市危機管理局危機管理課)

令和元年度

京都大学や鹿児島地方気象台による講義のほか、桜島に行き観測坑道等の火山防災関連施設やロードスイーパーの実演を見学しました。

講義

日時:令和2年1月10日(金曜日)9時00分~11時35分

内容:

  • 火山活動と災害、噴火発生予測について~桜島の知見を通じて~

(京都大学防災研究所火山活動研究センター 為栗健氏)

  • 鹿児島県の火山の最近の活動と火山防災情報

(鹿児島地方気象台火山防災官 小窪則夫氏)

  • 鹿児島市の火山防災に係る取組

(鹿児島市危機管理局危機管理課)

研修講演

見学

日時:令和2年1月10日13時00分~17時30分

見学場所:

  • 桜島ビジターセンター、京都大学高免観測坑道、黒神川、黒神埋没鳥居、ロードスイーパー実演、有村土捨て場

ロードスイーパー見学

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理局 危機管理課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1213・1513

ファクス:099-226-0748

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?