• 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2022年3月29日

大正噴火による被害等

1914年に起きた大正噴火では、噴煙がおよそ18,000mまで上がり、大量の軽石や火山灰が降り積もりました。
桜島の黒神地区にある埋没鳥居がその凄まじさを物語っています。
また、流れ出た溶岩流が島だった桜島と大隅半島との間の海峡を埋めつくし、陸続きとなりました。
さらにマグニチュード7の地震も発生し、対岸の鹿児島市街地側にも大きな被害をもたらしました。

(死者・行方不明者:58人)

 

1914年1月12日噴火

大正噴火

 

軽石火山灰に埋もれた家屋

火山灰に埋もれた家屋

 

黒神埋没鳥居(現在)

黒髪埋没鳥居

 

海峡を埋め尽くした溶岩

瀬戸海峡

 

地震による市街地側の被害

鹿児島市街地の地震被害

 

よくある質問

お問い合わせ

危機管理局 危機管理課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1213・1513

ファクス:099-226-0748

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?