• 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2020年9月2日

火山防災教育「小学校への専門家派遣授業」

共生する桜島の関心と愛着を育むため、鹿児島市街地側の児童(6年生)とその保護者を対象に、火山の専門家を派遣して講話を行うとともに、複数の体験・実験メニューによる火山の学習を行いました。

 

令和元年度の実施校

日程 9月14日(土曜日) 10月12日(土曜日) 10月12日(土曜日) 10月25日(金曜日)
学校 西伊敷小学校 和田小学校 西陵小学校 南小学校
参加人数 56人 110人 129人 92人
講師

NPO法人桜島ミュージアム

福島大輔氏

NPO法人かごしま探検の会

東川隆太郎氏

NPO法人桜島ミュージアム

福島大輔氏

NPO法人桜島ミュージアム

福島大輔氏

NPO法人かごしま探検の会

東川隆太郎氏

 

実施内容

1時間目は専門家による講話を聞き、2時間目は体験・実験メニューによる学習をしました。

 

1.専門家による講話

福島大輔氏は桜島の誕生から現在までの活動について地層から読み解いていくお話を、東川隆太郎氏は派遣された小学校周辺の古地図をもとに過去に起こった火山災害のお話をしていただきました。

福島さん講話東川氏2

 

2.体験・実験メニュー

(i)コーラを使った桜島噴火実験

コーラのペットボトルを振ると泡が発生することで容器内の圧力が高まり、ふたを開けると中身が勢いよく吹き出します。火山噴火も同じような仕組みで噴火することをコーラを使った実験で学習しました。

(担当:鹿児島地方気象台、鹿児島市危機管理課)

(ii)火山灰の秘密を探ろう!

火山灰が重いことを砂や焼却灰と持ち比べることで体感したり、顕微鏡で観察して火山灰の中にはいろいろな鉱物が含まれていることを学習しました。

(担当:世界遺産・ジオパーク推進課、鹿児島市立科学館)

(iii)絵の具「さくらじまいろ」で絵を描こう!

火山灰を活用した絵の具「さくらじまいろ」で、桜島の下絵に噴煙などを自由に描きました。

(担当:(株)オンデマンドスクエア、桜島ジオサルク)

絵具2

よくある質問

お問い合わせ

危機管理局 危機管理課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1213・1513

ファクス:099-226-0748

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?