• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 地球温暖化対策 > ゼロカーボンシティかごしま > 脱炭素型ライフスタイルに挑戦!「ゼロカーボンチャレンジシート」

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2022年6月29日

脱炭素型ライフスタイルに挑戦!「ゼロカーボンチャレンジシート」

本市は、2050年までに二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにすること(ゼロカーボン)を目指し、CO2を減らすための取組をまとめた「ゼロカーボンチャレンジシート」を作成しました。皆さんも、できることから始めてみませんか?

実質ゼロ:人の生活からのCO2排出量と、森林などによるCO2吸収量が等しくなること。

エコグッズが当たるキャンペーンを実施中!(10月14日まで)

「ゼロカーボンチャレンジシート」に1週間以上取り組んだ方を対象に、「ラピトレカ」や「生ごみの水切り器」などのエコグッズが当たるキャンペーンを実施します。この機会に、脱炭素型ライフスタイルに挑戦してみましょう!「ゼロカーボンチャレンジシート」をダウンロードして必要事項を記入後、郵送、FAX、メールまたはWEBフォームから応募してください!

送付先(いずれかの方法で環境政策課まで応募してください。)

郵送

〒892-8677鹿児島市山下町11-1鹿児島市環境政策課

FAX

099-216-1292

メール

環境政策課メールアドレス

WEBフォーム

次のリンク先のWEBフォームから応募できます。

WEBフォーム(外部サイトへリンク)

「ゼロカーボンチャレンジシート」

ゼロカーボンチャレンジシート(ワード:1,230KB)

ゼロカーボンチャレンジシート(PDF:1,129KB)

ゼロカーボンチャレンジシート(Excel版:計算用)(エクセル:92KB)

記載方法の例

(STEP1)挑戦できそうな項目をチェック

まず、「ゼロカーボンチャレンジシート」に記載されている取組のうち、できそうな項目を選び「挑戦する項目」にチェックを入れましょう。

(STEP2)挑戦してみよう!

次に、チャレンジ開始日を記入し、選んだ項目に一定期間取り組みましょう。キャンペーンの応募には1週間以上の取組が必要です。

(STEP3)できたか振り返ってみよう

最後に、チャレンジ終了日を記入し、挑戦した項目ごとに「できた」、「これからも続ける」、「できなかった」のチェックを入れましょう。このとき、挑戦する前と比べてできたかどうかで判断してください。

判断に迷ったときは…

例えば、「バランスの取れた食事に」などは、チャレンジ期間中、これまでの生活よりは心がけることができれば「できた」にチェックしてください。従来から十分心がけていた場合は、継続した取組をしたということで「できた」としてもかまいません。

また、「自宅の電球をLEDに」や「自宅に太陽光パネルを設置」など、チャンレンジ期間前から使用している場合も「できた」としてください。

できなかった理由を教えてください。

「挑戦する項目」として選ばなかったものや、「挑戦した項目」として選んだものの、「できなかった」ものについては、今後の参考とさせていただきますので、その理由を感想欄に記入してください。

CO2を減らせるチャレンジの解説

「ゼロカーボンチャレンジシート」に掲載したチャレンジの例や、減らせるCO2の重さは、国立環境研究所等が作成した「脱炭素型ライフスタイルの選択肢」から引用しています。

脱炭素型ライフスタイルの選択肢(外部サイトへリンク)

リンク先の6~9ページに「脱炭素型ライフスタイル」の各選択肢の説明が記載されています。ここでは、「ゼロカーボンチャレンジシート」に引用した取組を中心に解説を掲載します。

「減らせるCO2の重さ」については、各チャレンジに最大限取り組んだ場合の数字

例えば、チャレンジの例「食品ロスをゼロに」では、1日3食すべてで食べ残しがなかった場合、年間50kgのCO2を削減できると計算されています。1食だけ食べ残してしまった場合、数字を3分の2にすることで「減らせるCO2の重さ」を計算することができます。

「家」に関するチャレンジ

自宅でクールビズ・ウォームビズ

自宅でウォームビズやクールビズの服装をすることで、冷暖房に必要なエネルギーを減らす

自宅の電球をLEDに

自宅の電球をすべてLEDに置き換えることで、消費電力を減らす

自宅の電力を再エネに

自宅の電力を再生可能エネルギー由来100%のプランに切り替える

自宅に太陽光パネルを設置

自宅の屋根に太陽光パネルを設置して実質的に自宅の消費電力のすべてを賄う

「移動」に関するチャレンジ

エコドライブを行う

急発進や急ブレーキを控えるなどのエコドライブにより燃費を改善する

テレワークの実施

通勤目的の移動をゼロにすることで、移動に使用するエネルギーをゼロにする

マイカーを電気自動車に

マイカーを電気自動車に買い替える

市内移動を公共交通機関や自転車で

通勤・通学以外の目的で市内を移動する際にマイカーを使わず、代わりにバス・電車・自転車を利用する

「食」に関するチャレンジ

地元で採れた野菜や果物を食べる

地元で採れた野菜や果物を食べることで、食品の製造や輸送に使用するエネルギーを減らす

季節の野菜や果物を食べる

季節の野菜や果物を食べることで、食品の製造に使用するエネルギーを減らす

食品ロスをゼロに

家庭での食品ロス、レストランでの食べ残しをなくし、その分だけ食料の購入量を減らすことで、食品の製造などに使用するエネルギーを減らす

菓子・アルコール・ジュースを減らす

菓子・スナック類・アルコール・清涼飲料水の過剰な消費量を控えることで、食品の製造などに使用するエネルギーを減らす

バランスの取れた食事に

バランスの取れた食事にすることで、過剰な飲食を控えることで、食品の製造などに使用するエネルギーを減らす

「買物・サービス」に関するチャレンジ

電子書籍の利用

印刷された本や雑誌を利用せず、代わりに電子書籍を利用することで、紙の製造などに使用するエネルギーを減らす

家具を長く使う

家具・カーペット類を壊れるまで長く大切に使うことで、それらの製造などに使用するエネルギーを減らす

使い捨てのものを節約する

化粧品・衛生用品・台所用品・文房具を節約し、それらの製造などに使用するエネルギーを減らす

衣類を長く着る

服を長く着たり、古着を活用したりすることで、衣類の製造などに使用するエネルギーを減らす

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境局環境部環境政策課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1296

ファクス:099-216-1292

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?