緊急情報

現在、情報はありません。

閉じる

ホーム > 健康・福祉 > 生活衛生・食品衛生 > 生活衛生 > 旅館業 > 自宅を活用した宿泊施設における旅館業法の遵守

更新日:2023年6月12日

ここから本文です。

自宅を活用した宿泊施設における旅館業法の遵守

先般、東京都内で、自宅の一部を用いて宿泊料をとって外国人を宿泊させる宿泊施設を営んでいるとして、旅館業法第3条違反(無許可営業)で逮捕され、同法の罰則に処せられるという事案が報道されています。

自宅の建物を活用する場合であっても、宿泊料とみなすことかできる対価を得て人を宿泊させる業を営む者については、旅館業法第3条の営業許可を取得する必要があります。

ただし、住宅宿泊事業法での届出の場合は営業日数が180日以内であるなど違いがありますので、詳細については県生活衛生課温泉営業係へおたずねください。

厚生労働省健康局生活衛生課長通知「旅館業法の遵守の徹底について」(PDF:54KB)

旅館業を営業しようとする場合のページ

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉局保健部生活衛生課 食品衛生係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-6885

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?