• 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2017年3月14日

医療の助成

 

重度心身障害者等医療費助成

【障害福祉課099-216-1273,谷山福祉部福祉課099-269-8472】

重度の障害者の方が各種健康保険法による医療を受けた場合、その自己負担額が助成されます。(介護保険法による医療を受けた場合は、その自己負担額は助成されません。)事前に登録が必要です。資格証をお渡ししています。

鹿児島市重度身心障害者等医療費助成条例(PDF:206KB)

鹿児島市重度身心障害者等医療費助成条例施行規則(PDF:349KB)

(1)対象者ア~ウのいずれかにあてはまる1歳以上の方

  • ア身体障害者手帳の1級又は2級をお持ちの方
  • イ知能指数35以下(療育手帳のA1、A2、A)の知的障害者の方
  • ウ身体障害者手帳3級所持者で知能指数36以上50以下(療育手帳のB1)の方

(2)申請の受付

申請書(病院等・障害福祉課・各支所福祉課・各支所保健福祉課に準備してあります。)に必要事項を記入して、病院等の窓口へ提出してください。
市外の病院等にかかる分は、障害福祉課及び各支所福祉課、保健福祉課へ提出してください。

(3)お支払いの方法

事前に登録してある金融機関の通帳へ振り込みます。(死亡や口座解約などの場合は必ず届出をしてください。)

(注)重度心身障害者等医療費助成の制度では、各種健康保険法により支払われる「附加給付」や「高額療養費」として還付される金額を除いて支払われますので、別に「高額療養費」の手続きが必要です。

(注)70歳未満の受給者(市町村国民健康保険及び県後期高齢者医療制度加入者を除く)で、平成27年1月以降の診療分について、医療費が高額(21,000円以上)になった場合は、「同意書」をご提出ください。

詳細資料(PDF:225KB)

同意書様式(ワード:37KB)

同意書様式(PDF:176KB)

同意書記入例(PDF:126KB)

 

重度心身障害者等医療費助成金支給申請書(社保、国保、共済など)(ワード:52KB)

重度心身障害者等医療費助成金支給申請書(社保、国保、共済など)(PDF:150KB)

重度心身障害者等医療費助成金支給申請書(後期高齢)(ワード:50KB)

重度心身障害者等医療費助成金支給申請書(後期高齢)
(PDF:139KB)

ページの先頭へ戻る

 

高額療養費の支給

【国民健康保険→国民健康保険課099-216-1228,社会保険→全国健康保険協会鹿児島支部099-219-1734】

病院などの医療機関で支払う一部負担金(保険適用分)が高額になったときは、「高額療養費」として払い戻しされます。(入院時の食事代は含まれません。)

国民健康保険の方は国民健康保険のページ

社会保険の方は全国健康保険協会のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

 

入院時の食事療養費

【国民健康保険-国民健康保険課099-216-1228、社会保険-全国健康保険協会鹿児島支部099-219-1734、後期高齢者医療-長寿支援課099-216-1268】

市民税の非課税世帯に属する方は、入院中の食事代が減額されます。(「標準負担額減額認定証」を病院の窓口で提示することが必要です。)

国民健康保険の方は国民健康保険のページ

社会保険の方は全国健康保険協会のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

 

後期高齢者医療制度の資格等

【長寿支援課099-216-1268,谷山福祉部福祉課099-269-8473】

後期高齢者医療制度は75歳以上の方が対象となっていますが、65歳から74歳までの方でも、一定の障害がある方は、申請により、後期高齢者医療制度の資格を取得できます。

ページの先頭へ戻る

 

特定疾病療養受療

【国民健康保険-国民健康保険課099-216-1228、社会保険-全国健康保険協会鹿児島支部099-219-1734、後期高齢者医療-長寿支援課099-216-1268】

血友病や人工透析を必要とする慢性腎不全、血液製剤に起因するHIV感染に対する医療費は、病院等の窓口で「特定疾病療養受療証」を提示すると一部負担金の上限が10,000円となります。

国民健康保険の方は国民健康保険のページ

社会保険の方は全国健康保険協会のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

 

指定難病医療対策事業

【県難病相談・支援センター(申請に関すること)099-218-3134,保健所保健予防課099-803-6929】

国の定める指定難病に罹患された方が、指定難病の治療を受けたときは、保険診療分の医療費の自己負担額について一部又は全額が助成される場合があります。

詳しくは保健予防課のページをご覧ください。

 

ページの先頭へ戻る

 

小児慢性特定疾患治療研究事業

【母子保健課099-216-1485】

18歳未満の児童で、国が指定する小児慢性特定疾患(悪性新生物、内分泌疾患、糖尿病など約500疾患)と診断され、当該疾患の治療を受けるときは、保険診療分の医療費の一部を助成しています。また、対象となる児童の健康管理のために「小児慢性特定疾患児手帳」を申請により交付しています。

詳しくは母子保健課のページをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉局福祉部障害福祉課 障害福祉係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1273

ファクス:099-216-1274

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?