• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 流行疾患、感染症 > 結核 > 結核医療費公費負担制度

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2018年4月27日

結核医療費公費負担制度

結核で治療を受けられている方の医療負担と安心して適切な医療が受けられるため、医療費を公費で負担する制度が2種類設けられています。(結核指定医療機関でなければ給付は受けられません)

結核医療費の公費負担制度は、外国人の方も受けることが出来ます。患者居住地を管轄する保健所が、公費負担制度の申請窓口です。

一般治療の方

根拠法

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第37条の2

一般患者に対する公費負担は、感染症法第37条の2に基づき、6ヶ月を超えない期間で、結核医療に必要な費用の一部が公費で負担されます。

自己負担額

対象となる医療費の5%

申請するときに提出していただく書類

1.結核医療費公費負担申請書(PDF:265KB)
2.エックス線写真または、電子媒体(申請前3ヶ月以内のもの。ただし継続申請時は、前回申請時のものと最新のもの)

その他

  • 結核専門の医師等で構成する診査協議会が申請内容を審査します。
  • 承認された場合、公費負担の承認開始日は、保健所が申請書を受理した日(郵送の場合は消印日)からとなりますので、ご注意下さい。
  • 治療期間が6か月を超える時には、継続申請が必要となります。

感染防止のため、勧告による入院治療が必要な方

根拠法

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第37条

感染症法第19条・20条に基づき、入院勧告を受けた患者に対する公費負担は、感染症法第37条により、入院勧告(措置)を受けてから症状が消失し、勧告が解除されるまでの期間で、結核医療に必要な経費の全額(一部を除く)について負担されます。

自己負担額

本人および同一生計の家族の所得税額に応じ、医療費の一部を負担して頂く場合があります。(年の所得税額の合計額が年額147万円以上の方は月額自己負担が2万円となります。)

 

申請するときに提出していただく書類

1.結核患者医療費公費負担申請書(PDF:257KB)
2.エックス線写真または、電子媒体(申請前3ヶ月以内のもの。)

 

その他

  • 結核専門の医師等で構成する診査協議会が申請内容を審査します。
  • 入院勧告等により感染症指定医療機関(結核)に入院したときから公費負担となります。
  • 感染症法第20条による入院が継続する場合は、1か月ごとの継続申請が必要になります。

 

平成30年度鹿児島市結核診査協議会日程(PDF:201KB)

 

 

 

 

 


お知らせ

  • 今のところありません

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉局保健所保健予防課 感染症対策係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-7023

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?