• 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2022年6月21日

性器クラミジア感染症

性感染症の中で男女ともに最も感染者が多い病気で、クラミジア・トラコマチスという細菌の感染が原因となって起きます。また、クラミジアに感染している場合は、淋菌感染症に感染していることもあります。

現在は、特に若い世代の女性に広がっています。

発生届の推移

本市では、現在、市内の指定された医療機関(「定点医療機関」といいます。)から毎月、性器クラミジア感染症の発生件数を報告していただいており、月ごとにその統計をとっています。

令和4年の本市の患者報告数の推移は下記の通りです。kuramizia5

潜伏期間は?

1週間~3週間といわれますが、女性の場合は症状がはっきりしないため不明瞭です。

症状は?

男性の場合・・・

尿道に軽い炎症を起こし、排尿時に痛みがあったり、薄い分泌液が少し出たりします。精巣上体炎、慢性前立腺炎などが起こることもあります。

女性の場合・・・

おりものが増えることがありますが、男性よりも症状がはっきりせず、無自覚のうちにパートナーに感染させることもあります。

しかし、放っておくと、不妊症になったり、子宮外妊娠や流産、早産を起こしたり、低体重児が生まれたりすることがあるほか、出産後に発熱等の症状が出ることもあります。

治療は?

抗生物質を内服します。

クラミジア検査

症状のある方は医療機関の受診をお勧めいたします。

HIV検査と同時に性感染症検査を実施しております。詳しくはHIV(エイズウイルス)検査をご覧ください。

お問い合わせ

健康福祉局保健部感染症対策課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-7023

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?