ここから本文です。

更新日:2019年3月22日

避難の心得

災害が発生し、家屋内にとどまることが危険な状態になった場合は、落ち着いてすばやく避難する必要があります。

その際には、子どもや高齢者など避難行動要支援者の保護を念頭に置き、近所のひとり暮らし高齢者への声かけなど隣近所で協力することが大切です。

市の指定避難所に自主的に避難するときには、あらかじめ「地域福祉課電話099-216-1244」または、各支所(福祉課・保健福祉課)にご連絡ください。

避難時のポイント

(1)避難は自ら判断を

災害が迫ったとき、置かれた状況は一人ひとり違います。それぞれが自ら判断し、適切な行動をとらなければなりません。

例えば、

  • 土砂災害の危険がある地域に住んでいる方
  • 堤防の決壊で家屋流失や浸水の危険がある地域に住んでいる方
  • 子どもや高齢者など家族に要配慮者がいる方

などは、とにかく早期の避難を心がけてください。

(2)命を守る最低限の行動を

危険な状況の中での避難はできるだけ避け、安全の確保を第一に考えましょう。

危険が切迫している場合は、避難所への移動だけでなく、命を守る最低限の行動が必要な場合もあります。

例えば、

  • 夜間や急激な大雨で避難路上の危険箇所がわかりにくい
  • ひざ上まで浸水している
  • 浸水は浅いが、水の流れる速度が速い
  • 用水路などの位置が不明で転落のおそれがある

などの場合は、屋外への移動は危険です。浸水による建物倒壊の危険がないと思われる場合には、自宅や近隣建物の2階以上に避難し、救助を待つことも検討しましょう。

避難の心得10か条

1.まず、深呼吸。あわてず、落ち着いて行動する。

深呼吸のイラスト

2.避難する前に、もう一度火元を確かめ、ブレーカーも切る。

3.ヘルメットや防災ずきんで頭を保護。

ヘルメット、防災ずきんのイラスト

4.荷物は最小限のものに。

非常持出品のイラスト

5.外出中の家族には連絡メモを。

連絡メモのイラスト

6.避難は徒歩で。車やオートバイは厳禁。

徒歩のイラスト

7.お年寄りや子どもの手はしっかり握って。

手を握るイラスト

8.近所の人たちと集団で、まず決められた集合場所に。

9.避難場所へ移動するとき、狭い道・塀ぎわ・川べりなどは避ける。

10.避難は安全な親せきの家か指定された避難場所へ。

避難所看板のイラスト

日頃の備えや緊急時の対応など、詳しくは「わが家の安心安全ガイドブック&防災マップ2018」でご確認ください。

 

お問い合わせ

危機管理局 危機管理課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1213・1513

ファクス:099-226-0748

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?