ここから本文です。

更新日:2019年9月12日

危険!あおり運転は絶対にやめましょう!

あおり運転とは

明確な定義はありませんが、一般的に、

  • 車間距離を異常に詰める
  • ハイビーム、パッシングを繰り返す
  • クラクションを執拗に鳴らす
  • 左右に進路変更し、車体を振る
  • 幅寄せをする

などの行為をいいます。

このような運転は、重大な交通事故につながる悪質・危険な行為です。

車間距離保持義務違反、進路変更禁止違反、急ブレーキ禁止違反などの道路交通法違反のほか、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)や刑法の暴行罪に該当することがあります。

車を運転する際は、周りの車の動きなどに注意し、相手の立場について思いやりの気持ちを持って、ゆずり合いの運転をすることが大切です。

あおり運転を受けたら

もし、運転中に危険な運転者に追われるなどしたときは、サービスエリアやパーキングエリア等、交通事故に遭わない場所に避難し、車外へ出ずドアロックして、ためらうことなく警察に110番通報をしてください。

自身の安全を確保しましょう。

 

やめて!あおり運転(鹿児島県警ホームページ)(外部サイトへリンク)

 

よくある質問

お問い合わせ

危機管理局 安心安全課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1209

ファクス:099-226-0748

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?