• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 建築 > 建築関連 > 確認申請等の手続き > 土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)内の建築

ここから本文です。

更新日:2020年12月7日

土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)内の建築

土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)内に居室を有する建築物を建築する場合は、主に次のような対応が必要になります。ただし、土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)指定後に着工するものに限ります。指定状況は鹿児島県のホームページ「土砂災害(特別)警戒区域の指定状況(外部サイトへリンク)」より確認することができます。

レッドチラシ

指定範囲

鹿児島県のホームページ「土砂災害警戒区域等マップ(外部サイトへリンク)」より確認することができます。

建築確認申請について

建築確認申請に関する取扱いは、「土砂災害特別警戒区域内に建築する建築物の取扱要領(鹿児島県策定)(PDF:137KB)」に基づき運用します。必要書類は以下のとおりです。

  1. 土砂災害特別警戒区域内に定められている事項等の照会について(別記第1号様式)の写し
  2. 構造計算書
  3. 構造詳細図
  4. 位置図(待受け擁壁のみ)
  5. 縦断面図(待受け擁壁のみ)

建築基準法第6条第1項第四号の建築確認申請の場合は、2及び3の書類は省略することができますが、設計図書にRC外壁等の位置や高さ等の明示は必要です。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設局建築部建築指導課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1359

ファクス:099-216-1389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?