• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 税金 > 市税証明 > 所得額証明書の新年度分発行開始日(Q&A)

ここから本文です。

更新日:2021年7月26日

所得額証明書の新年度分発行開始日(Q&A)

令和3年度(令和2年分)の所得額証明書の交付は、いつからですか?

令和3年度(令和2分)の市民税・県民税の各種証明書(所得額証明書、課税額(非課税)証明書など)の交付開始日は、次のとおりです。なお、令和2分とは、令和2年1月1日から令和2年12月31日までの期間の分をいいます。

窓口、郵便申請

給与特別徴収の方

令和3年5月13日(木曜日)

給与特別徴収以外の方

令和3年6月10日(木曜日)

コンビニ交付サービス

すべての方

令和3年6月10日(木曜日)

以下の目的で利用する証明書は、コンビニ交付サービスでは対応していません。窓口または郵便で申請してください。

〔コンビニ交付サービス未対応の証明書〕
  • 保健事業用非課税証明書(高齢者向けインフルエンザ予防接種、肺炎球菌予防接種など)

〔コンビニ交付サービスの注意点〕

  • 未申告の方、賦課期日(各年の1月1日)に鹿児島市民でない方、鹿児島市以外で住民税が課税されている方、鹿児島市外への転出者、電子証明書が失効している方には交付できません。

令和2年分の所得額証明書が必要になったので、令和3年1月7日に窓口で申請しましたが、まだ交付できないとの説明を受けました。なぜですか?

所得額証明書は、その所得が対象となる年度の市民税・県民税額を決定したときから交付しています。

令和3年度市民税・県民税の税額は、令和2分(令和2年1月から12月まで)の所得に基づき決定します。したがって、令和2分の所得額証明書は、令和3年度の市民税・県民税額を決定した日から交付します。

具体的には、給与特別徴収(勤務先が従業員等の給料から市民税・県民税を控除し、まとめて納付する方法)の方には令和3年5月13日(木曜日)からその他(普通徴収)の方には6月10日(木曜日)から交付できます。

なお、所得の申告をされていない方(未申告の方)には、申告を済ませていただいてから交付することになります。

所得額証明書等の発行年度

  • 令和3年度(令和2年1月から12月までの所得、賦課期日:令和3年1月1日)
  • 令和2年度(平成31年1月から令和元年12月までの所得:賦課期日:令和2年1月1日)
  • 令和元年度(平成30年1月から12月までの所得、賦課期日:平成31年1月1日)
  • 平成30年度(平成29年1月から12月までの所得、賦課期日:平成30年1月1日)

【注意】賦課期日現在の住所地が鹿児島市内の場合、本市で証明書が発行可能です。賦課期日現在、鹿児島市以外に住所地がある場合は、当該市区町村に証明書を請求してください。

お問い合わせ

総務局税務部資産税課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1180

ファクス:099-216-1168

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?