ここから本文です。

更新日:2020年12月24日

学校の安全

1.校内の事故発生状況

本市小・中学校の校内の事故における負傷者数は、平成29年度4,068人、30年度3,868人、令和元年度3,913人と横ばいで推移していますが、重大事故につながりかねない事例もあり、依然として予断を許さない状況にあります。

発生時間は休憩時間が最も多く、事故発生場所は運動場、屋内運動場、教室、階段が多い傾向にあります。(日本スポーツ振興センター共済給付データより)

<校内の事故発生件数>平成29~令和元年度

事故発生件数(平成29年度~令和元年度)

 

<校内の事故発生時間>令和元年度

事故発生時間(令和元年度)

2.学校の安全対策委員会

校内の事故の減少に向けて、小・中学校代表者やPTA・地域代表者等を構成メンバーとした対策委員会を年3回から4回程開催します。

【主な内容】

  • 目標、指標の検討と変更
  • 取組状況結果の検討
  • 発表資料の内容検討

3.モデル地区(全小中学校)の取組

小学校では、校内等でのけがの減少を目指し、主に児童会が中心となって「けがの調査」や「危険個所マップの作成」などの取り組みを実施しています。

小学校の取組状況<小学校の取組(危険箇所点検)>

中学校では、運動部活動におけるけがの減少を目指し、「キャプテン会議の開催」や「入念な準備運動の実施」などの取り組みを実施しています。

中学校の取組状況<中学校の取組(入念な準備運動)>

 

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部保健体育課

〒892-0816 鹿児島市山下町6-1

電話番号:099-227-1951

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?