• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 防災・消防・安心安全 > 防災・危機管理 > 「知らなかった」をなくそう!災害への備え(お詫びと訂正)

ここから本文です。

更新日:2022年7月8日

「知らなかった」をなくそう!災害への備え(お詫びと訂正)

令和4年6月に全世帯に配布(市民のひろばと同時)した鹿児島市防災リーフレット「『知らなかった』をなくそう!災害への備え」に掲載した、和田川・木之下川の洪水浸水想定区域の浸水深の表示(配色)に一部誤りがありました。

謹んでお詫び申し上げますとともに、正しくは、次のとおりですので、改めて、ご自宅や職場、学校周辺の状況をご確認くださるようお願いいたします。

【訂正後】

和田川・木之下川(訂正後)

「知らなかったをなくそう!」災害への備え

近年、雨の降り方が局地化、激甚化し、台風や大雨等による被害が発生しています。災害はいつ、どこで起こるかわかりません。災害から自分や大切な人のいのちを守るため、自宅の安全確認やとるべき避難行動などを知ることで、災害に備えましょう。防災ガイドマップを見る家族

 

01災害時にあなたのご自宅は「安全」かどうか知っていますか?

ステップ❶防災マップで自宅がある場所に色がぬられているか確認しましょう。

防災ガイドマップ(裏面)」、「かごしまiマップ(鹿児島市地図情報システム)」には、想定最大規模の降雨による洪水浸水想定区域や土砂災害(特別)警戒区域、指定緊急避難場所などを掲載しています。

防災ガイドマップ表紙防災マップ

 

ステップ➋「避難行動判定フロー」であなたのとるべき避難行動をチェックしていきましょう。

避難行動判定フロー

02災害危険区域(洪水浸水想定区域、土砂災害(特別)警戒区域)を知っていますか?

防災ガイドマップ(裏面)」、「かごしまiマップ(鹿児島市地図情報システム)」で、自宅や職場、学校周辺の災害危険区域等を確認しましょう。

雨の降り方によっては、洪水浸水想定区域や土砂災害(特別)警戒区域等に指定されていない場所においても、洪水やがけ崩れなどの災害が発生する可能性がありますので、ご注意ください。

 

洪水浸水想定区域

県により、新たに稲荷川(上流域)、西牟田川、和田川、木之下川、貝底川の5河川に洪水浸水想定区域が指定されました。

和田川・木之下川

 

このほか稲荷川(下流域)、甲突川、新川、永田川にも洪水浸水想定区域が指定されています。

 

 

土砂災害(特別)警戒区域

県により、土砂災害特別警戒区域(約3,100箇所)土砂災害警戒区域(約3,300箇所が指定されています。

土砂災害警戒区域

 

 

市町村をまたぐ土砂災害(特別)警戒区域は、「県ホームページ(外部サイトへリンク)」や「かごしまiマップ(鹿児島市地図情報システム)」で確認できます。

 

03あなたのとるべき避難行動を知っていますか?

災害が発生又は発生するおそれがある場合、鹿児島市は気象情報等をもとに、避難情報を発令し、避難のタイミングをお伝えします。災害時に備えて、各段階でとるべき行動を確認しましょう。

マイ・タイムライン(抜粋)

 

防災行政無線の放送範囲などを見直します(令和4年度~)

  • 防災行政無線は、これまで市内全域に放送していましたが、避難情報の発令対象となる各行政区域に放送します。(お住まいの区域以外の避難情報は緊急速報メールや市ホームページ等で確認できます。)防災行政無線
  • 土砂災害に関する避難情報は、これまで大雨警報(土砂災害)の解除を確認した段階で解除していましたが、土砂災害警戒情報が解除されるとともに、今後まとまった降雨が見込まれないことを確認した段階で解除します。

 

04日頃からの備えの大切さを知っていますか?

天気の良い、時間の余裕がある時に、災害時の備えをしましょう。

家庭内で備えよう

備蓄品避難するときは自宅から緊急的に持ち出す「非常持出品」や、ライフラインの停滞等を想定して各家庭最低3日分の「備蓄品」を備えましょう。

非常持出品・備蓄品については家庭内で備えよう」で確認することができます。

 

主な防災情報の入手方法を確認しよう

防災や気象、桜島の降灰状況などをホームページ・メール等で確認する方法や、防災に関する情報サイトへのリンクを紹介します。日ごろから、積極的に防災情報を入手して災害に備えましょう。

 

テレビ・ラジオ

テレビのリモコンの「d」ボタンを押すと「データ放送」の画面になり、気象情報をはじめ河川の水位などいろいろな情報を取得できます。(NHK鹿児島放送局の「データ放送」を通じて、ご家庭のテレビで避難所の開設状況もリアルタイムで確認できます。)

鹿児島市公式LINE

事前に友だち登録したLINEのトーク画面に、避難指示等や避難所の開設などの緊急情報を通知します。(登録無料)

鹿児島市公式LINEの登録方法については「欲しい市役所の情報をあなたのそばに届けます~鹿児島市LINE公式アカウントLINE」で確認をすることができます。

安心ネットワーク119

事前登録したメールアドレスに、災害情報や避難指示等、避難所の開設などをメールで配信します。(登録無料)

安心ネットワーク119の登録方法については「安心ネットワーク119」で確認することができます。

 

防災に関する情報サイト

気象・噴火情報リンク」で気象・噴火に関する情報サイトへのリンクなどを確認することができます。

05指定緊急避難場所(兼指定避難所)を知っていますか?

鹿児島市では、小学校など市内224か所の施設を避難場所(避難所)として指定しています。自宅や職場・学校などの周辺にある避難場所を確認しましょう。

 

避難所における新型コロナウイルス感染症対策

避難場所では、「3密」回避の徹底など、新型コロナウイルス感染症対策に取り組んでいます。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理局 危機管理課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1213・1513

ファクス:099-226-0748

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?