ここから本文です。

更新日:2018年8月23日

風しん

現在、関東地方で風しんの感染者が大幅に増加しており、今後、全国的に感染が拡大する可能性があります。

発熱や発疹、リンパ節の腫れなど風しんに特徴的な症状が現れた方は、事前に医療機関に電話連絡の上、速やかに受診してください。

受診の際は、感染を拡大させないように公共交通機関の利用は控えてください

予防接種が最も有効な予防方法です。受けていない方は予防接種をご検討ください。

鹿児島市では、妊娠を希望する女性等を対象に、風しん抗体検査の無料検査、抗体が十分でなかった方に対する予防接種費用の助成を行っています。

風しん

風しんは、「三日はしか」とも呼ばれることもある感染症で、麻しん(はしか)と比べると比較的症状は軽いですが、まれに脳炎等の合併症が発生することもあり、軽視できない疾患です。

また、大人が罹ると、乳幼児に比べて症状が一般に重く、高熱が持続したり、関節痛の頻度が高いと言われています。

特に、妊娠初期の妊婦が風疹ウイルスに感染すると、胎児が風疹ウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内障、精神運動発達遅滞等のいわゆる「先天性風疹症候群」の児が出生する可能性が高いことが知られています。

風しんに関する情報

先天性風疹症候群

妊婦とくに、妊娠初期の女性が風しんにかかると、胎児が風しんウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内障、そして精神や身体の発達の遅れ等の障がいをもった赤ちゃんがうまれる可能性があります。これらの障がいを「先天性風疹症候群」といいます。

先天性風疹症候群がおこる可能性は、風しんにかかった妊娠時期により違いがあります。

特に妊娠初めの12週までにその可能性が高いことが認められておりますが、予防接種をうけることによって、成人女性なら妊娠中に風しんにかかることを予防することができます。(ただし妊娠中は風しんの予防接種をうけることはできません)

(注)予防接種については、下記の「予防方法」を参照

発生状況

風しんの患者がいた場合、すべての医療機関(医師)において、最寄りの保健所に届出を行うこととなります。

本市の発生状況(平成26年以降の発生はありません)

23年

1

1

0

24年

1

2

1

25年

20

28

8

26

0

0

0

本市の年代別患者発生数

 

23年

24年

25年

26年

0

 

 

 

 

 

 

 

 

1~9

 

 

1

 

 

 

 

 

10代

1

 

 

 

3

 

 

 

20代

 

 

 

 

5

7

 

 

30代

 

 

 

 

8

1

 

 

40代

 

 

 

 

4

 

 

 

50代

 

 

 

1

 

 

 

 

60代

 

 

 

 

 

 

 

 

70代

 

 

 

 

 

 

 

 

症状

  • 風しんウイルスによっておこる急性の発疹性感染症で、流行は春先から初夏にかけて多くみられます。
  • 潜伏期間は2-3週間(平均16-18日)で、主な症状として発疹、発熱、リンパ節の腫れが認められます。
  • ウイルスに感染しても明らかな症状がでることがないまま免疫ができてしまう(不顕性感染)人が15-30%程度いるようです。
  • 一度かかると、大部分の人は生涯、風しんにかかることはありません。

感染経路

  • 患者の飛まつ(唾液のしぶき)などによってほかの人にうつります。
  • 感染力は、麻しん(はしか)や水痘(水ぼうそう)ほどは強くありません。
  • 発疹のでる2-3日前から発疹がでた後の5日くらいまでの患者は感染力があると考えられています。

予防方法

  • 外出後の手洗い、うがい、咳エチケットの励行に努めましょう。
  • ワクチン接種が非常に有効となります。定期予防接種の対象の小児等は、早めに接種を行ってください。
    • 1期(生後12~24月以内)
    • 2期(5~7歳・小学校に上がる前の1年間が対象)

 

また、妊婦さんへの感染を抑制するため、

  • (1)妊婦の夫、子ども及びその他の同居家族
  • (2)10代後半~40代の女性(特に、妊娠希望者及び妊娠する可能性の高い人)
  • (3)出産後1~2ヶ月ぐらいの女性

のうち、

  • 「風しんにかかったことがない」
  • 「予防接種を受けたことがない」
  • 「抗体が陽性であると確認ができていない」

という人は、予防接種費用の助成が受けられる場合がありますので、ご検討ください。

 

登校・登園

風しんは、学校における予防すべき感染症の第2種対象疾病に定められており、発疹が消失するまで出席停止とされています。

ただし、病状によりにより学校医その他の医師において伝染のおそれがないと認めたときは、この限りでありません。

啓発ポスターなど

風しん啓発ポスター

風しん啓発ポスター(青色)

風しん啓発ポスター(絵柄)

風しん啓発ポスター(職場)

風しん啓発ポスター(結婚)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉局保健所保健予防課 感染症対策係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-7023

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?