• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉 > 生活衛生・食品衛生 > 食品衛生 > 食品関係営業者の皆様へ > HACCPに沿った衛生管理が義務化されました

ここから本文です。

更新日:2021年6月3日

HACCPに沿った衛生管理が義務化されました

 食品衛生法の改正により、令和2年6月1日に「HACCP(ハサップ)に沿った衛生管理」が制度化され、1年間の経過措置を経て、令和3年6月1日に完全義務化されました。
 原則、食品を取り扱う全ての事業者が対象となりますので、厚生労働省や各業界団体等が作成しているHACCP導入のための資料(手引書)等を参考にして、速やかに取組をお願いします。

 

営業者が実施すること

 食品を取り扱う事業者は、業種やその規模に応じて「HACCPに基づく衛生管理」または「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」のいずれかの衛生管理を実施する必要があります。

 

<HACCPに基づく衛生管理>

 コーデックス(食品の国際規格)のHACCP7原則12手順に基づき、食品を取り扱う事業者自らが使用する原材料や製造方法等に応じて計画書を作成し、実施内容の記録・保管を行います。

対象事業者:大規模事業者(食品等取り扱い従事者50名以上)、と畜場、食鳥処理場(認定小規模食鳥処理業者を除く)など

(参考)・HACCPに基づく衛生管理のための手引書(外部サイトへリンク)

 

<HACCPの考え方を取り入れた衛生管理>

 各業界団体が作成した手引書を利用して、HACCPを簡略化した方法で衛生管理を行います。営業時に行っている手洗い、清掃、従業員の健康管理等の一般衛生管理に関する取り組み及び、取り扱い食品に応じた温度管理など重要なポイントの管理方法を定めた計画書を作成し、実施内容を記録・保管します。

対象事業者:小規模事業者等(食品等取り扱い従事者50名未満)

(参考)・HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書(外部サイトへリンク)

 

 ただし、以下の営業を行う事業者については一般的な衛生管理を実施する必要がありますが、HACCPに沿った衛生管理導入の対象外になります。

 

  1. 食品又は添加物の輸出をする営業
  2. 食品又は添加物の貯蔵のみをし、又は運搬のみをする営業(食品の冷凍又は冷蔵業を除く。)
  3. 常温で長期間保存しても腐敗、変敗その他の品質の劣化により食品衛生上危害の発生の恐れがない包装食品を販売する営業
  4. 器具又は包装容器(合成樹脂以外の原材料が使用された器具又は包装容器に限る。)の製造をする営業
  5. 器具、容器包装の輸入又は販売をする営業

 

参考ページ

  • HACCPに沿った衛生管理の制度化(リーフレット)(PDF:480KB)
  • HACCPに沿った衛生管理の制度化に関するQ&A(外部サイトへリンク)
  • HACCP(ハサップ)-厚生労働省のホームページ(外部サイトへリンク)

     

  • よくある質問

    Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

    お問い合わせ

    健康福祉局保健部生活衛生課 食品衛生係

    〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

    電話番号:099-803-6885

    ファクス:099-803-7026

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?

    このページの情報は見つけやすかったですか?