緊急情報

現在、情報はありません。

閉じる

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症、流行疾患 > 感染症の流行情報 > A群溶血性連鎖球菌咽頭炎の発生状況

更新日:2024年2月28日

ここから本文です。

A群溶血性連鎖球菌咽頭炎の発生状況

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は、いずれの年齢でも起こりえますが、学童期の小児に最も多く、小児の代表的な病気の一つで、「溶連菌(ようれんきん)感染症」とも言われます。

本市では、現在、指定された12医療機関(定点医療機関)から毎週、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の患者の発生件数の報告を受けています。

令和6年第8週(2月19日~2月25日)の1定点医療機関当たり患者報告数は、6.83人警報開始基準値:8)でした。

直近4週の患者報告数の推移は下記のとおりです。

直近の患者報告数の推移

 

5週 6週 7週 8週
2024 8.75 9.50 8.33 6.83

2023

0.69 0.62 0.85 0.62

2022

1.15 1.08 0.46 0.08

患者報告数の推移は、「鹿児島市感染情報」をご覧ください。

症状

病原体である細菌が進入する部位や組織によって症状は様々です。

潜伏期間は2~5日ぐらいで、よく見られる疾患として、「急性の咽頭炎(のどの痛み)」や「突然の発熱」があります。また、腹痛や嘔吐が見られることも多々あります。

なお、発病後、1~2日後にかゆみを伴う小さな発しんが全身に広まり、舌の表面がイチゴのようになることがあります(「いちご舌」といいます)。このような状態は、「しょう紅熱」といわれ、数日後に、手の指、手のひら、足の裏の皮膚がむけてきます。

感染経路

主に、次のとおりです。

  • (1)飛沫感染
  • (2)食品を介しての経口感染

予防方法

  • (1)患者との濃厚な接触を避けること
  • (2)手洗い、うがいの励行

お問い合わせ

健康福祉局保健部感染症対策課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-7023

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?