• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 流行疾患、感染症 > 感染症の流行情報 > インフルエンザ流行発生警報が発令されています

ここから本文です。

更新日:2018年2月21日

インフルエンザ流行発生警報が発令されています

平成30年第2週(1月8日~1月14日)の感染症発生動向調査で、県内におけるインフルエンザの定点あたりの患者報告数が40.58人となり、警報発令基準である30.0人を超えたことから、1月17日付けで県下にインフルエンザ流行発生警報が発令されました。

 

市内では、第3週において、平成26-27年シーズンに次ぐ過去2番目の患者数(103.87人)が報告された後、減少傾向にありますが、依然として警報発令基準を超えており、また、再度感染が拡大し、報告数が増加に転じることも考えられることから、今後も注意が必要です。

一人ひとりが正しい知識を身につけて、手洗い、せきエチケットなどインフルエンザ対策をしっかり実行しましょう。特に、医療機関や高齢者施設、保育所、幼稚園、学校など集団生活の場では、徹底した感染予防に努めてください。

発生状況(本市の定点医療機関)

定点医療機関とは

  • インフルエンザの患者がいた場合に、1週間ごとにその患者数を報告する医療機関です。
  • 全医療機関が対象ではなく、予め、定められた医療機関のみ(本市では23か所)が報告の対象となります。
  • 地域での流行の推移を確認するうえで、参考になります。

定点医療機関における発生動向

下記の図は、平成29年9月以降の発生状況を示しています。

平成30年第7週(2月12日~2月18日)の1定点医療機関当たり患者報告数は、35(警報開始基準値:30)でした。

定点医療機関からの簡易キットによるA型B型の割合では、第1週以降はB型の割合が大きくなっています。(下記参照)

1シーズンでA型にもB型にも感染する可能性はありますので、ご注意ください。

下記のグラフは、今シーズンの発生状況の推移です。縦軸は、1定点医療機関におけるインフルエンザ患者の報告数です。

数字は、本市の今シーズンの1定点当たり患者報告数です。

inf1

(注)掲載時点での情報であり、全国及び県の件数は修正になることがあります

第48週~第52週:12月、第1週~第4週:1月、第5週~第8週:2月、第9週~第12週:3月、第13週~第17週:4月、第18週~第21週:5月、第22週~第25週:6月、第26週~:7月

次のグラフは市の発生状況について、過去3シーズンと比較することができます。

inf2

本市の1定点当たり患者報告数(単位:人)

平成29年

第50週 第51週 第52週 第1週 第2週

第3週

第4週 第5週 第6週

第7週

9.00

18.7

27.13

24.17

43.13

103.87

69.7

67.57

59.3

35.0

 

 

 

本市定点医療機関から報告されたインフルエンザ患者のA型/B型の割合

下記の図は、第36週(9月)以降、市内の定点医療機関から報告のあった「検査診断例(迅速診断キットで陽性反応のあった者)」におけるA型/B型の割合を示しています。

inf3

迅速診断キットでのA型B型の報告件数(単位:件)

平成29~30年

第50週 第51週 第52週

第1週

第2週

第3週

第4週

第5週

第6週 第7週

A

126

268

328

236

297

507

317

178

110

106

B

131

239

239

285

608

1502

1188

1287

1176

653

定点医療機関からの年齢階級別報告状況

inf4

直近の患者報告数(単位:人)

年代

0-4

5-9

10-14

15-19

20-29

30-39

40-49

50-59

60-

50週

28

99

56

 

2

9

7

2

4

207

51週

82

174

124

14

4

8

15

2

7

430

52週

130

232

131

22

21

23

36

15

14

624

1週

123

144

74

30

33

36

44

36

36

556

2週

223

307

169

52

53

44

54

40

50

992

3週

438

956

564

93

45

82

78

53

80

2389

4週

313

642

350

44

29

53

63

36

73

1603

5週

284

672

287

56

26

55

59

43

72

1554

6週

269

527

307

47

28

58

47

37

44

1364

7週

181

273

153

29

19

40

35

29

46

805

 

全国の発生状況

インフルエンザ流行レベルマップ(外部サイトへリンク)(国立感染症研究所感染症情報センター)をご覧ください。

過去10年間における全国の発生状況

IDWR(感染症発生動向調査週報)に掲載されている過去10年間との比較グラフ(外部サイトへリンク)(国立感染症研究所感染症情報センター)をご覧ください。

最近のインフルエンザの分離/検出状況

  • 従来から、全国の都道府県(地方衛生研究所)においては、インフルエンザウイルスの分離/検出を実施しており、その状況により、全国でどのタイプのインフルエンザウイルスが流行しているかの参考になります。
  • 下記のグラフは平成29年9月上旬以降、分離/検出されているウイルスの割合を示しています。

inf5

全国のインフルエンザウイルスの分離/検出件数(単位:件)

 

50週 51週 52週 1週 2週 3週 4週 5週 6週 7週

AH1(季節性)

     

 

 

 

 

 

 

 

AH1pdm(2009)

224

232

126

64

95

83

30

16

3

 

AH3(季節性)

55

57

50

55

100

121

65

32

18

5

B

156

175

133

98

188

220

157

77

23

4

 

インフルエンザに関する情報(今シーズンの情報など)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉局保健所保健予防課 感染症対策係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-7023

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?