ここから本文です。

更新日:2021年7月20日

桜島大根

桜島大根のレシピ

桜島大根

桜島大根は、200年以上の栽培の歴史をもち、桜島地域の特産物です。
収穫最盛期は1月中旬から2月上旬で、1本当たりの重量は平均で10~20キログラムです。
世界一の重さ31.1キログラム(胴回り119センチ)をもつ大根としてギネスブックにも認定されています。

桜島大根は、

  • 煮込んだ桜島大根は味のしみ込みが早く、甘みがある
  • 柔らかいのに煮くずれしにくい

といった特徴があり、おでんやブリ大根、漬物などによく利用されます。

また、最近桜島大根には、「トリゴネリン」という物質が他の農産物よりも多く含まれていることがわかり、臨床研究により、1日170g程度(おでんの大根2切れ分)の桜島大根を食べることで血管機能の改善効果が期待できるという研究結果が得られています。

 

「世界一桜島大根コンテスト」に出品された大根

桜島藤野町の桜島大根

お問い合わせ

産業局農林水産部生産流通課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1338

ファクス:099-216-1336

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?